手抜きしがち?リップメイクについて

手間暇をかけるアイメイクやベースメイクに比べると、リップメイクは少々手抜きをしている人が多いでしょう。確かにリップメイクはグロスや口紅をささっと塗るだけでも格好がつきますが、きちんと人前に出るような時には丁寧なリップメイクを心がけることが大切です。


例えばコンシーラーの使用が挙げられます。市販されているリップやグロスを試した時に、見本のような発色をしないと嘆いている人は多いですが、それは元々の唇の色がリップやグロスの発色を阻害しているからです。
そのためまずはコンシーラーでリップの色を完全に消し去り、その後リップペンシルでアウトラインを描いていきましょう。その後から口紅やグロスを塗っていくとリップがぼやけないで済むためきちんとした印象を与えることが可能です。飲食で口紅の色落ちが気になるような場合は口紅を塗った後にティッシュオフを繰り返し、色を定着させるのがおすすめです。
そして外出先では小まめにリップメイクを手直しすることで、いつでも魅力的な唇を維持することが出来ます。
アイメイクやベースメイクとのバランスを考え、どのポイントをアピールしたいかによってリップメイクの力の入れ方を調整すると良いでしょう。